起業のコンセプト作りで大切な3つのポイント

あなたの起業のビジネスの軸となる
「コンセプト」を作っていきましょう。

コンセプト。とは、簡単にいうと、
「世界を変えるマジック」。

「誰の何に役に立つのか」が明確であればあるほど、
あなたの理想のお客様を望む未来へ連れていくことができます。

 

例えば、時代を超えてブランドとして愛され続けている
シャネル創始者のココ・シャネルが掲げたのは、

「女性の服の解放」というコンセプトです。

コンセプトがあると、商品に必要とされる条件が決まってきます。
いかに女性が動きやすいジャケットのパターンにするのか、
という発想から生まれたツイードのスーツ。

いかに女性本人を引き立てる色づかいにするのかという発想から生まれた
「黒・白・ベージュ・ゴールド・赤」といった色づかい。

コンセプトは抽象度が高いので、
理想のお客様の潜在的な隠れたニーズまでを拾うことができるので、
心に深く、ぐっと刺さります。

 

それに、コンセプトがあれば、コンセプトを中心軸にして
全ての発想が沸き起こってくるので、

商品作り、プロモーションともに
何をすればいいかの判断軸ができ、
人真似ではない強い魅力のあるブランドを作っていけます。

 

コンセプトづくりで大切なことは3つあります。
1)とても役に立つこと

2)あなたがやる理由があること

3)時代に求められていること

 

1)とても役に立つこと
待ってました!と膝を打つレベルでニーズに命中していればいるほど、
人生を変革する創造性があればあるほど
人は役に立つと感じます。

 

2)あなたがやる理由があること
商品価値の半分は、提供する人の魅力です。
あなたのやる理由と情熱は、コンセプトに命を吹き込み、輝かせます。

 

3)時代に求められていること
人は個人の意識だけでなく、
今の時代の大きな流れに合っているものを
集合意識レベルでも役に立つと認識します。

 

それでは、あなたの「商品コンセプト」を作っていきましょう

コンセプトとは「これがあればビジネスがヒットするに違いない」と、
0から突然思いつくものではありません。

専門家であるあなたがビジョンを胸に抱きながら、
普段、世の中を、業界を、お客様の様子を見る中で感じている
違和感や発想にヒントがあります。

 

次の項目を書き出して、
コンセプトを決めていきましょう。

1)ISSUE 現状の社会や業界やお客様の課題

2)STEAM 時代の流れ

3)DREAMあなたと理想のお客様がともに願う未来の世界

4)STRENGS あなたの強み・提案したいこと

5)VARUE 誰の何の役に立てるのか

6)NOVELTY/SPECIALITY 新しさ、他にはない独自性

7)CHANGE 誰がどう変わるのか


決定!
MAGIC コンセプトを一言でいうと

 

 

起業のコンセプト作り

飯沼暢子
飯沼暢子
世界観プロモーション®主宰。個人起業家や経営者の為の、世界観を影響力に変えるビジネスブランディングプロデューサー。叶えたい未来を実現するあなただけのビジネスのブランドや人が集まる仕組みを一緒に創ります。